家具内側 欧州

北欧家財に、執念を追求するとたどり着くものは「椅子」ではないでしょうか。
フィンランドには「はじめ脚の椅子があれば豊富」とい謳い文句があります。これは、真の本物を持っていれば、それだけでラッキーであり豊なライフスタイルであるというわけだ。
一般人チックデザイナーアルヴァ・アアルトという真摯なメーカーらしき謳い文句であり、ナショナリズムを垣間見る謳い文句だ。
容易でありながら洗練されたモデルの素敵な椅子があります。
ボーエ・モーヤン<J39ダイニングチェア>
安価で良質な民衆のための椅子を考え方としてつくられたものです。
シンプルで飽きの欠けるモデル。
アルネ・ヤコブソン<アントチェア>
身の丈って座箇所をはじめ枚の合板でつくり三階級を形成した雰囲気初の椅子だ。
働き手レストランの椅子としてつくられました。軽量で積み重ねて維持こなせる機能性も優。
アルヴァ・ヤコブソン<スツール60>
住まいや建屋で使われている。
三書物のスツールは極限までむだをそぎ落とし、超シンプルなモデル。
北欧発の椅子といえば、セブンチェアーのPRは欠かせません。
座箇所にない七枚の板って2枚の仕上げ板を合体処分したものです。7枚の板によるところから名前がついたのかもしれません。
モデルの素晴らしさはもちろん、体にフィットする座り機嫌が優。
どういう椅子にも長く座れなかった疾病を有するヒューマンがこういう椅子にだけは座れたというエピソードがあります。
モデルを追求するだけで、実際に使ってみると今一つという雑貨は、椅子とか沢山あると思います。
また、働き手レストランの椅子にデザイン性を追求する国家って他にあるのでしょうか?
デザイン性って機能性両方を兼ね備えた北欧家財にはあらためて著しいなあといった感心してしまう。http://xn--88j6e576hd9y8k9airc.co/