荷物内側 欧州 スイス

スイスといえば、邦人にとっては、目覚ましとかチョコレートの名産地。
あとは愛らしいアルプスの自然の中で駆け回っている「アルプスの女の子ハイジ」の認識が激しいだ。
本当に、スイスのマイエンフェルトにハイジの立案となった建物が再生されています。
なにもかも質素で素朴な木製の手作り荷物がありました。
一歩外部にでると、ヤギらが駆け回っていらっしゃる。
スイスの荷物は邦人にはあまり定番がありませんね。
大きく分けて二つの種類があります。
ひとつは、木製の荷物。精妙な木工技術を駆使した荷物だ。
また、もうひとつは、驚いたことにアルミニウムの荷物だ。
ミッドセンチュリースタイルの荷物内装だ。
ミッドセンチュリーは、20世紀合間1940時代~1960カテゴリーの模型進め方だ。
代表的なデザイナーは、チャールズ&レイ・イームズ、ジョージ・ネルソンなどです。
彼等が形作り上げた内装をミッドセンチュリースタイルという呼んだり行なう。
たとえばチャールズ&レイ・イームズの模型した椅子には、こういう様式の象徴的な名作があります。
ヴィトラの位置付け シェルチェア シート付だ。
傾向は椅子の脚のゾーンが、エッフェル塔にそっくり。エッフェル塔の土壌に踏ん張っていらっしゃる周辺から上に在るあのゾーンだ。エッフェルベースとも呼ばれていらっしゃる。
背後と座ことはじめラインのシートが独特。シンプルで洗練された模型だ。
ハイジの認識のせいか、メタル製の荷物が発展していることに新鮮な感嘆がありますね。イオンネットスーパー申し込み方法